研修会・セミナー

登録日:2015.02.26

知的財産専門部会:実務研修「知財コンサル業務(中級編) 〜営業秘密保護について〜」

最近、特に有名企業の情報漏洩問題や転職者による営業秘密の持ち出し事件が報道され、改めて営業秘密についての関心が高まっています。
特許権や商標権を登録し公開することによって保護される発明や商標などの知的財産権とは異なり、技術情報やノウハウ、顧客名簿といった企業の営業秘密は不正競争防止法によって保護がなされえます。
具体的には、企業ごとの実情に応じた適切な営業秘密管理体制の構築が必要となり、そのハードルは意外に高いため、専門家の知識とスキル、特に各種の規則・規約や契約書等の書式作成の実務能力が求められます。従って、企業に寄り添う書類作成のプロである行政書士こそ、知的資産経営の一環として営業秘密保護においても重要な役割を果たせるはずであると思われます。

今回は、昨年の知財コンサル業務入門編に続き、中級の実践編となります。受講される方は、ひととおり知的財産分野の基礎知識を習得済みであることが望ましいですが、この業務に関心のある方であればどなたでも受講できます。

1) 営業秘密に関する最近の事件について
2) 不正競争防止法と営業秘密保護
3) 営業秘密管理の各分野(物的・技術的管理、組織的管理、法的管理、人的管理)
4) 法的管理のための各種書式
5) 中小企業の実例(民間資格ビジネス企業のノウハウ保護)

研修会名 実務研修「知財コンサル業務(中級編) 〜営業秘密保護について〜」
開催日時 2015年03月30日 17:30~19:30
場所 大阪府行政書士会 大会議室
講師 泉谷 透 会員(知的財産部会幹事、弁理士)
費用 大阪会知財部会会員 無料(資料代込み)
一般会員 1000円(資料代込み)
※他単位会の会員の方も参加できます。
定員 80 名
申込方法 支部、氏名、連絡先(携帯可)をご記入のうえメールでお申し込みください。
E-mail:chizaikensyu@yahoo.co.jp
申込期限 平成27年3月25日(水)17:00まで
※無断キャンセルの場合、次回からの参加をお断りする場合がありますので、ご注意ください。キャンセルは3月29日(日)までに申込先メール宛にお願いします。
問い合わせ先 090-1913-1443(坂本久美)
前ページへ戻る

ページのトップへ