研修会・セミナー

登録日:2014.08.04

法務専門部会:遺言執行と死後委任事務等について   〜申込みを締め切りました〜

団塊世代がシルバー世代に突入し、今日のトレンドは自分の思いを死後にも伝えることです。その形態で一番オーソドックスな方法は「遺言」ですが、他にも「死後事務委任契約」「信託」「生命保険契約」など色々な方法があります。
研修では、これらのそれぞれの手法について法的な意義を説明するとともに、それぞれの手法において実務的に実際に生じうる具体的な出来事について解説します。
例えば、遺言で「遺言執行者」に選任された者は、遺言どおりに被相続人の意思を実現する必要がありますが、ときに「笑う相続人(被相続人と生前付き合いが無いのに、死後、法的に相続人であるため権利者となる者)」とぶつかることもあります。何故、葬儀をするんだ、何故そんなところに費用を使うんだなどと、「相続人」からつめられるとどうしますか?
このように遺言執行者になれば生じうる問題のみならず、委任、信託、保険、それぞれの場面で生じうる問題点について説明します。
相続人の意思を実現するために、その基本を勉強しましょう。

研修会名 法務部会実務研修
開催日時 2014年08月27日 17:00~19:00
場所 大阪府行政書士会 3階大会議室
講師 弁護士 大川一夫 (大川法律事務所)
費用 法務部会員:資料代実費、一般会員:1000円+資料代
定員 90名(定員になり次第締め切り)
申込方法 〜申込みを締め切りました〜
申込期限 〜申込みを締め切りました〜
備考 研修終了後、講師を交えてサマーパーティ(予算約3500円前後)を予定していますので、参加をご希望の方は、研修申込時に「懇親会参加希望」と記入をお願いします。
前ページへ戻る

ページのトップへ