研修会・セミナー

登録日:2012.10.23

法人専門部会:第2回法人部会公開研究発表会

「選択制確定拠出年金導入のご提案」
     -会社も、従業員も、行政書士も、みんな潤う制度です、関与先へ提案してみませんか- 
平成24年10月6日に第1回公開研究発表会を行ったところ、好評でしたので第2回公開研究発表会を行うこととしました。なお、平成24年12月22日に第3回を予定しています。内容はいずれも同じです。

研修会名 第2回法人部会公開研究発表会
開催日時 2012年11月17日 10:00~16:00
場所 行政書士会館 中会議室 (ランズ瓦町ビル4階)
費用 受講料:法人部会会員、一般会員とも 参加無料
資料代:資料冊子代3150円(少々高価ですが、理解を深めるためできるだけ購入をお願いします)
定員 30名(先着順)
申込方法 申し込み(問い合わせ)先:行政書士法人F 陰山まで 
Eメール:mizue@f-f-net.com
電 話 :06-6371-1048   
FAX :06-4802-1058
※申し込み受付期間  平成24年11月15日(木)17:00まで
※氏名、支部名、法人部会員か否かを記入してください。
発表者 法人部会会員5名で分担
発表内容 401Kという言葉はお聞きになったことがあると思いますが、内容はあまりご存じないと思います。法人部会では関与先に選択制確定拠出年金の導入をはかることで、行政書士の業務開拓をしようと研究を重ねてきました。選択制確定拠出年金掛金が源泉所得税、社会保険料の対象にならないという制度のメリットを生かして、定期預金等の元本保証のある資産運用により老後資金の蓄積をしながら、加入者本人は給料からの控除額が減り、会社は社会保険料の負担が減り、行政書士には手数料が入るという仕組みです。さらに、建設業者の場合は経営事項審査の企業年金制度への加入にも該当し、経審の点数アップにもつながります。また、一日通して受講していただくと、修了証を交付し、取扱者資格検定の受検資格も得られます。一度話をきいてみませんか。
前ページへ戻る

ページのトップへ