研修会・セミナー

登録日:2018.01.11

淀川支部:知っておきたい『公用文』の書き方

今回の研修会は『公用文』をテーマに行います。行政書士の基本である『文書作成』。そのベースとして必要となるのが『公文書作成のルール』を知ることです。
『公用文』…官公庁で作成される文書の書き方には、一定のルールがあります。官公庁が各々の部局で作成する文書の書式を統一することは、単に体裁上の問題ではなく、国民や住民に対して分かりやすい文書を提供するために必要であり、そのためにルール化されているのです。しかしそれは、私たちが学校教育を通じて学んだ『国語としての文書作成』とは全く別物です。
我々行政書士が作成する文書の多くは官公庁に提出します。当然、その文書を見るのは官公庁の職員です。彼らから見てありえないルールに基づいた書式の文書を提出したのでは、その文書そのものの信頼性を疑われ、依頼者の不利益につながりかねません。
今回の研修を通して公用文作成のルールを身に着け、文書作成能力の向上に役立てていただければ幸いです。
なお、研修終了後に懇親会を予定しております(参加費4,000円程度)。こちらも奮ってのご参加ください。

研修会名 知っておきたい『公用文』の書き方
開催日時 2018年02月07日 17:30~19:30
場所 大阪府行政書士会 3階大会議室
講師 西山圭三会員(淀川支部副支部長:総務担当/特定行政書士)
費用 淀川支部会員:無料 
他支部会員:1,000円
申込方法 ①会員名②支部名③連絡先(電話番号・FAX番号)④懇親会参加有無を明記し、
研修担当池山宛、メール【info@euph-office.com】・FAX【06-6485-3714】にてお申し込みください。
申込期限 平成30年2月2日(金)午後5時
前ページへ戻る

ページのトップへ